柔らかな日向ぼっこをしている気持ちにさせます。 何も喋らなくていいんです。

史ちゃん日記
史ちゃん日記
ブログでご紹介致します

Re start



私のこの両手でいったい何ができるか・・・

クスッと笑う
小さなおもしろいことや
些細な出来事を見つけては
日々の出来事を綴っていきたいと思っています。

読んでもいいよ~というふみちゃんマニアな方
これからもどうぞよろしくお願い致します!
RSS

言葉のキャンディー





たまにやってくる後輩くんが

ポツリと呟きました

「オレ今 仕事が忙しくて付き合ってる彼女と会うタイミングが合わなくて

それで彼女が怒るんですよね

やるせないっすわ」

「あーこのプリン、形悪いけど懐かしい味がする」と

食べながらおしゃべりする後輩くん(いつもさりげなーく悪態をつくよね)
 


「ねぇねぇ

きみは彼女に言葉のキャンディーをあげたことがあるのかな?

女はね

言葉で癒される脳なのよ

一概には言えないけどね


だからね

たまには言葉のキャンディーをあげるのよ


そうすると

女の子はね そのキャンディーを

なめながら幸せに包まれるのですよ

それでね

女の子はね 半分なめてまた

ポケットに入れては

好きな時にその言葉のキャンディーを出して 

きみのことを思い出し

きみを愛おしいと思う生き物なのですよ

だからたまには

とっておきのキャンディーを彼女にあげてね」
 
と伝えると


例えばどーしたらいいんです?との質問に

「それはですね

たとえばですよ

仕事が終わったらゆっくり旅行に行こうとか

夏には花火を見に行こうかとか

先々の楽しみのキャンディーをあげるのですよ


しかーーし

ここにも落とし穴もあってね

キャンディーにもいろんな種類があってね

罰ゲームみたいなキャンディーもあるから

ちゃんとチョイスして彼女にあげないとね」


と伝えると

なるほどねと聞きながら


「あっ!

メモ代わりにふみ先輩のブログに書いといて下さいよ

オレ読むから」って


えーー!仕方ないなーと本日ここへ投稿です。


そんなことを言いながらも

このわたくしも長いこと

言葉のキャンディーをいただいてないなーーー  涙



2019-04-12 19:17:02

言の葉 1

カテゴリ : 史ちゃん日記

「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」は私の好きな言葉です


いってらっしゃいは

無事に帰ってきますようにという祈りの言葉



おかえりなさいは

何事もなく帰って来てくれてありがとうという感謝の言葉
 

何気なく使っている言葉にも意味があって

そんなことに気付いていくと

日本語っていいよねって思います



2019-04-10 16:51:22

出張 fumi's flower





5月にご結婚される娘さんの 
 
ブーケ作りのお手伝いへ行かせていただきました。
 

いつもお花を作らせていただくときは

 
幸せになってね♡と祈りを込めて作ります。


美人でおしゃれな娘さんのセレクトしたお花たちです。


今からとても綺麗な花嫁姿が想像できます。

 
幸せと優しさに包まれますようにと祈りを込めて

2019-04-09 17:36:01

ふみちゃんの行動の読み解き@ふられていました編



後輩が過去 私が経験したような話を

相談されたので・・

あえて自虐話を書きます。

会社員だった頃

大沢たかお風エリート会社員とお付き合いしていました

ちょぴり自慢の彼でした うふっ♡

だって誰もが認める背が高くて爽やかなイケメンだったんですもの


…ですが

 わたくし笑えるほど こっぴどくふられていました

彼から告白されて付き合ったのにもかかわらず

その付き合いというのは…


彼は自分の都合であき時間だけ

私と数時間だけ会う


休みの日は自分から私と会う時間を作らず

常に何か目的地の途中下車感覚で私と会う

彼が途中下車するタイミングで会えるなら

会えばいいという恋愛スタンスの始まりでした


会う目的地が私だったことは一度もなく

会社で私が怪我をした時も


今から出張に行くからの一言で済まされ

職場が同じで


仕事の忙しさも理解していたので


会えないのが当たり前だと思い込んでいました


私は彼と会えない週末は


脳の勉強を始めていたので


一年経つとなんとなーくわかり始めて


おいおい!


いや待てよ!



何か違う


今までの私への接し方は

もしや・・・・


「あなたのことは自分を犠牲にするほど愛していません」


って読み解ける!

ある日 付き合ってもうすぐ一年の彼に

「クリスマスとか誕生日とか何か欲しいなぁー」

「私にも何か手料理を食べさせて欲しいな」

この私のつぶやきに彼は全くの無反応でした

常に稼いで出世することと

自分の趣味のスポーツにまっしぐらな彼は

私にいくら使ったとか営業成績のことや

お金の話をよくしていました。


今から思えば 食事も割り勘が多かったな

プレゼントを渡してもイケメンなゆえに

もらい慣れているらしく何のリアクションもなかったし

渡したプレゼントの話すらしない


ん?ん?これは

もしや私は都合のいい女なのかな?


今までのことを読み解くと


やはり彼の頭の中は


「あなたのことは自分を犠牲にするほど愛していません」

だよねーーーー泣

何事も体験ですね

こうやって私は心の引き出しを

実体験で増やしていくのでありました。

あれ以来私はまずイケメンを見ると

シャーーと猫のように警戒します!


2019-04-07 21:54:01

いただいた言葉


会社を辞めようかと悩んでいたときに

自然の中でいただいた言葉

「ちゃんと働ければ

必ず報われる日が来る

報われなければ働き方が悪いか

働かせる者が悪いか

そんな所はとっとと逃げ出せばいい

だが1番悪いのは
人がなんとかしてくれると思って生きること
人は人をあてにしている者を助けない
逆に自分の力を信じて働いていれば

きっとだれかが助けてくれるもの
あなたなら大丈夫

だからもう無理に笑うことない

謝ることもない

堂々とここで頑張りなさい!」


ありがたかったな。
この言葉を聞いた日のお天気は
写真の通りとても綺麗でした。

 

私は褒めてもらいたいとか

応援してもらいたいとかばかり

思っていたがむしゃらな時期があったな。

 

本当は人を応援できたり

褒めてあげられる人の方がすごく輝いているのにね。

 

空に向かって手のひらを太陽に!

2019-04-05 11:11:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ